ファッション

三越恵比寿店が閉店、26年間の歴史に幕 集まった周辺住民に「えびす顔で、ありがとう」

 三越恵比寿店が2月28日をもって閉店した。最終日は19時の閉店後に田代直子店長が登場し、周辺住民を中心としたファンが見守る中でセレモニーを実施。閉店に合わせて制作したというオリジナルソング「えびす顔で、ありがとう」をバックに、田代店長が26年間の感謝を伝え、「お楽しみいただけましたか」と問いかけると、集まったファンからは拍手が巻き起こった。

 「恵比寿地域の皆さまに育てられた店舗だった。2020年5月のコロナ禍による自主休業明けの日には、本当に多くのお客さまに集まっていただき、感動した」と田代店長。「ブランドやショップが撤退し、半年ほど前は空いている区画もいくつかあったが、最後は明るく楽しんでいただくために全フロア全区画を再び埋めた」という。セレモニーに集まった客数についてはまだ公表していないが、同日朝11時のオープン前には、「約500人の行列ができた」と広報担当者。

 同店閉店後の「恵比寿ガーデンプレイス」商業棟には、スーパーマーケットの「ライフ」、高級輸入食品の「明治屋ストアー」、ドラッグストア「トモズ」などが2022年の春から秋にかけて出店。2階部分はワークプレイスになると発表されている。セレモニーを最前列で見ていた近隣在住の40代女性は、「開業当時、妹が食品売り場でバイトをしていて、連日大入りだったのが懐かしい。(閉店後にはスーパーなどが入ると聞き)不足はないが、やはり『恵比寿ガーデンプレイス』の顔がなくなってしまうのは悲しい」とコメント。息子と二人でセレモニーを見守っていた60代男性は、「開店当初から来ているが、かつてに比べると近年は大分客が減っていると感じていた。周辺に商業施設が増え、ECにも客を取られていたのでは」と分析する。「地下1階の子ども用品売り場で頻繁に集まっていた」というバギーを押した30代ママのグループは、「跡地にはオフィス(ワークプレイス)も入ると聞き、友達と集まれる場所が減ってしまうのは寂しい」と話す。

 三越恵比寿店は1994年、「恵比寿ガーデンプレイス」の開業と同時にオープン。店舗面積は4層(地下2階~地上2階)約1万8000平方メートルと百貨店としては小規模ながら、ファッションや食料品、化粧品などに特化したMD構成で、周辺住民の日常に対応する百貨店を目指してきた。近年は苦戦が続いていたと見られ、2017年、19年にはリニューアルも実施していたが、収益体制の抜本的な改善にはつながらなかった。
同じく2月28日には、バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)新宿店やそごう川口店(埼玉・川口市)も閉店した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら