ビジネス

三越恵比寿店が閉店と一部報道 都心店舗にもメス入れへ

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)が三越恵比寿店を閉店する方針を固めたと、25日付「日経電子版」が報じた。報道によると、閉店の時期は2021年2~3月中で調整中という。

 三越恵比寿店は1994年、大型複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」の開業と同時にオープン。店舗面積は4層(地下2階~地上2階)約1万8000平方メートルと百貨店としては小規模ながら、ファッションや食料品、化粧品などに特化したMD構成で、周辺住民の日常に対応する百貨店を目指した。

 同店は三越日本橋本店の「分店」としての扱いで、単店での売上高は非開示としている。だが三越伊勢丹HD広報によると、近年は「近隣の商業施設やECの台頭で苦戦が続いていた」という。2017年11月にはファッション、化粧品や雑貨などを扱う1階、19年3月には食品中心の地下2階を改装するなどテコ入れ。若年層の取り込みを図ったものの、収益体制の抜本的な改善にはつながらなかったとみられる。

 三越伊勢丹HDは19年9月に伊勢丹府中店と伊勢丹相模原店、20年3月22日には新潟三越を閉店。近年は、地方・郊外店の整理により基幹店への経営資源集約を進めてきたが、都心店舗にもメスを入れることになる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら