ファッション

ロコンドが人気ユーチューバのヒカルとコラボしたシューズ インフルエンサー発D2Cブランド事業をスタート

 シューズとアパレルのECサイト「ロコンド(LOCONDO)」を運営するロコンドは、インフルエンサーと組んだD2Cブランド事業をスタートする。ロコンドはECサイトの運営だけでなく、自社開発のオムニチャネル対応のITシステムや物流倉庫などを外部に提供するプラットフォーム事業を強化しており、インフルエンサーに自社の様々な知見やプラットフォームを提供し、D2Cブランドの立ち上げと運営を支援する。立ち上げの特別企画として人気ユーチューバーのヒカルと組み、ヒカルのオリジナルブランド「リザード(REZARD)」のシューズを販売、秋にはタレントのスザンヌと組んだブランドもスタートする。

 ユーチューバーのヒカルは「ファッションは大好きだし、ハイブランドの服もめちゃくちゃ持ってるけど、実際に着る服はごく一部。本当に履きやすいシューズを作って、しかも価格にもこだわった」という。アッパー素材にエコレザー、ライニングにはシープスキンを使うなどこだわりながらも価格は1万円台前半に抑えた。メンズとウイメンズで展開する。来週から発売する予定だ。「田中社長とはこのシューズが完売したらCMに出る約束も取り付けた(笑)。本気で作って本気で売って、ユーチューバーの新しい道を切り開きたい」という。

 ロコンドのD2Cブランド事業はインフルエンサーが商品のディレクションや商品プロモーション、ロコンドが生産と販売を行う。社会貢献型も事業の一環にしており、売り上げの一部は社会貢献活動にも充てる。第一弾と位置づけるスザンヌとは、「セレンセクール(SERENE CE COOL)」を今秋からスタート。スザンヌはインスタグラムの36.5万フォロワーを活用。売り上げの一部は熊本城の復興支援に充てる。

 本日25日に、都内で取引先などを集めて開催した2020年戦略説明会「進撃のロコンド」で発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら