ファッション

ロコンドが20年2月期で赤字脱出宣言 19年3〜5月の流通額は58%増

 靴とアパレルのネット通販のロコンドは、未公表だった2020年2月期の業績予想を発表した。商品取扱高(GMV)は前期比59.6%増の225億円、売上高は同49.0%増の100億円で、19年2月期に赤字だった営業損益(9億8000万円の赤字)と経常損益(8億6200万円の赤字)はトントンに、純利益は2億円(前年は4億6400万円の赤字)を見込む。田中裕輔ロコンド社長は「19年3〜5月は思っていた以上のスタートを切れており、中期経営計画での公約通り、20年2月期には黒字化を達成できそうだ」と語った。19年3〜5月期決算はGMVが前年同期比58%増の48億円、アクティブユーザー数は同47%増となっており、勢いは今期さらに加速しそうだ。

 3〜5月の売上高は同60%増の21億円、営業損益は1億7000万円の赤字(前年同期は2億3100万円の赤字)、経常損益は1億8200万円の赤字(同2億3100万円の赤字)、純損益は1億8500万円の赤字(同1億2700万円の赤字)だった。「デヴィ夫人を起用したテレビCMにより会員数と流通額の増加は計画通りに増えている」としており、下期以降はCM予算を抑制する。

 9月2日の靴の日にはクラウド型の基幹システムの無料使用や、店頭とECをシームレスにつなぐ新サービスのローンチを予定しており、「靴革命」を命名し、シューズ業界の構造改革に打って出る予定だ。

*追記
13日18:26に見出しと本文の「20年3月期」を「20年2月期」に修正致しました。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら