ファッション

劣化したスニーカーを鉢代わりにして植物を飾る「シューツリー」のポップアップストアがオープン

 パルグループの「チャオパニック(CIAO PANIC)」は7月13〜22日、「ベースヤード トーキョー(BASE YARD TOKYO)」原宿店でクリエイターの杉本浩介が手掛ける劣化したスニーカーを鉢代わりにして植物を飾る「シューツリー(SHOETREE)」のポップアップストアをオープンする。

 杉本は劣化したスニーカーに焦点を当て、鉢代わりに植物を飾ることで命を吹き込むクリエイターだ。以前に、生花店に勤めていたノウハウを生かして“劣化の正当化”をコンセプトにアイテムを製作している。

 劣化の原因である加水分解は保存状態が悪いと3年、通常5年ほどで進行していくがそれを良いと捉えて楽しむアイテムをそろえる。価格は1万7000〜2万3000円でアイテムは24点を用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら