ファッション

劣化したスニーカーを鉢代わりにして植物を飾る「シューツリー」のポップアップストアがオープン

 パルグループの「チャオパニック(CIAO PANIC)」は7月13〜22日、「ベースヤード トーキョー(BASE YARD TOKYO)」原宿店でクリエイターの杉本浩介が手掛ける劣化したスニーカーを鉢代わりにして植物を飾る「シューツリー(SHOETREE)」のポップアップストアをオープンする。

 杉本は劣化したスニーカーに焦点を当て、鉢代わりに植物を飾ることで命を吹き込むクリエイターだ。以前に、生花店に勤めていたノウハウを生かして“劣化の正当化”をコンセプトにアイテムを製作している。

 劣化の原因である加水分解は保存状態が悪いと3年、通常5年ほどで進行していくがそれを良いと捉えて楽しむアイテムをそろえる。価格は1万7000〜2万3000円でアイテムは24点を用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら