ファッション

劣化したスニーカーを鉢代わりにして植物を飾る「シューツリー」のポップアップストアがオープン

 パルグループの「チャオパニック(CIAO PANIC)」は7月13〜22日、「ベースヤード トーキョー(BASE YARD TOKYO)」原宿店でクリエイターの杉本浩介が手掛ける劣化したスニーカーを鉢代わりにして植物を飾る「シューツリー(SHOETREE)」のポップアップストアをオープンする。

 杉本は劣化したスニーカーに焦点を当て、鉢代わりに植物を飾ることで命を吹き込むクリエイターだ。以前に、生花店に勤めていたノウハウを生かして“劣化の正当化”をコンセプトにアイテムを製作している。

 劣化の原因である加水分解は保存状態が悪いと3年、通常5年ほどで進行していくがそれを良いと捉えて楽しむアイテムをそろえる。価格は1万7000〜2万3000円でアイテムは24点を用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら