ファッション

「ナイキ」が毎年恒例のLGBTQにオマージュを捧げた“ビートゥルー コレクション”の最新作を発表

 「ナイキ(NIKE)」は6月1日、LGBTQの運動を象徴する旗“プライドフラッグ(レインボーフラック)”の発案者で活動家のギルバート・ベイカー(Gilbert Baker)にオマージュを捧げた“ビートゥルー コレクション(BETURUE COLLECTION)”を発売する。

 “ビートゥルー コレクション”は、LGBTQコミュニティーをサポートする意味合いを込めており、2012年からLGBTQプライド月間(6月)に合わせて毎年発表されている。今回はアパレルとアクセサリー、5型のスニーカーで、どれも“プライドフラッグ”を思わせるレインボーカラーがキャッチーでポップなコレクションとなっている。特にスニーカーは、“エア マックス 90(AIR MAX 90)”(1万3000円)のサイドのスウッシュをはじめ、シューズボックスとインソールもレインボーの特別仕様だ。

 なお今回使用されたレインボーは、現在一般的に使用されている6色構成のものとは異なり、1978年にデザインされたオリジナルの“プライドフラッグ”を忠実に再現した8色構成となっている。レインボーは多様性を表し、ピンクはセクシャリティー、レッドは生命、オレンジは癒し、イエローは太陽、グリーンは自然、ブルーは芸術、ネイビーは調和、パープルは魂を意味している。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら