ファッション

アダストリアの「ベイフロー」が水・化学薬品削減デニムを発売 ショッピングバッグも再生紙に

 アダストリアのライフスタイルブランド「ベイフロー(BAYFLOW)」は7月12日、地球環境に配慮した生産方法を採用したデニムを発売した。価格は6900円〜。また同日から全国の「ベイフロー」各店で、これまでポリエステル製だったショッピングバッグを再生紙利用のものに変更した。

 同ブランドが今回デニムの生産方式として採用したのは、空気中の酸素からオゾンを生成し、その酸化作用によって染料を分解・脱色する“オゾンブリーチ加工”で、デニムの加工に必要な水・化学薬品を大幅に削減することを可能にした。ほかにも“リサイクルウォーターシステム”を用いることで生地を洗う工程における水の消費を抑え、素材の一部にはペットボトルのリサイクル糸を使用した。

 ベイフローは“Respect nature, respect fashion.”をブランドフィロソフィーに掲げており、これまでもビーチクリーン活動に参加したり国際環境NGOとのコラボ商品を販売してきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。