ビジネス

三越伊勢丹がタイから撤退 大型商業施設との競争激化で

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は16日、タイ・バンコクの「バンコク伊勢丹」を8月末で閉店し、同国から撤退すると発表した。

 バンコク伊勢丹は1992年開業。売り場面積は2万2300平方メートル。三越伊勢丹HDの2019年3月期決算資料によると、同期のバンコク伊勢丹運営子会社の売上高は47億円、営業利益は9200万円。20年3月期予想では、売上高が前期比5億円の減収、営業利益は同6700万円の減益を見込んでいた。

 苦戦要因として、近年のバンコクでは、現地の大手企業主導の再開発で新商業施設の出店が相次ぎ、競争が激化していたことがある。2018年にラグジュアリーブランドをはじめ500以上の小売店・飲食店店舗を集積した「アイコンサイアム」、マーケットエリアとともに映画館やシェアオフィスなどを備えた「サムヤーンミットタウン」などが誕生。さらに21年にはバンコク最大規模の複合型商業施設「ザ・マーケット バンコク」の完成を予定する。

 閉店の理由について同社は、「オーナーとの賃貸契約の契約終了に伴い、条件面で折り合いがあわなかったため」(広報担当者)としている。「海外事業としては引き続き、既存店の構造改革を進める。長期的な経営視点で、単独出店ではなく不動産開発と経営を視野に入れた出店を検討する」。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら