ビジネス

新型コロナで消費も生産も長期化懸念

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスの感染発生から約1カ月半。感染拡大に伴う影響はグローバルに広がっており、ファッション業界にも影を落とす。“世界の工場”である中国での縫製工場の再開はだいぶ進んでいるものの、衣料品は素材から縫製まで大小さまざまな工場が絡み合っており、まだ正常化には時間がかかる。日本国内では政府による小中高の一斉休校やイベント中止の要請で消費マインドも減退している。先行きの見通しが立たない中、小売業やアパレルメーカーはダメージを最小限に抑えようと試行錯誤を続ける。主に消費と生産の動きをまとめた。(この記事はWWDジャパン2020年3月9日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2709⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら