ファッション

「自宅で買い物を楽しんで」マッシュがECで一斉セール

 マッシュホールディングスは、同社が運営する公式EC「ウサギオンライン(USAGI ONLINE)」およびブランドのECで、全アイテムの価格が11%引きとなるセールを3月12~22日の間実施する。新型コロナウイルスの蔓延で、「外出を控える方も多い中、自宅でお買い物を楽しんでいただきたい」(同社広報)と企画した。

 対象となるのは、マッシュスタイルラボは「スナイデル(SNIDEL)」「フレイ アイディー(FRAY I.D)」など10ショップ、マッシュビューティーラボは「コスメキッチン(COSME KITCHEN)」「セルヴォーク(CELVOKE)」など7ショップ。同セール期間中に得た利益の11%を被災地支援に充てるという。

 同社は2016年から、「マッシュパークプロジェクト」と題した被災地復興支援を開始。年に一度、東京・麹町の本社を一般開放し、顧客向けにセール品の販売や音楽ライブなどを盛り込んだチャリティーイベントを実施している。物販の売り上げ全額を、被災地に公園を建設するための費用に充てており、20年夏には宮城県女川町で「マッシュパーク オナガワ」が完成予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら