ファッション

マッシュの「アンダーソン アンダーソン」1号店がニュウマン新宿店にオープン 什器や装飾まで和紙にこだわったクリーンな空間 

 マッシュホールディングス(HD)傘下のマッシュスタイルラボ(以下、マッシュSL)は29日、和紙繊維を使用したアンダーウエアやTシャツなど肌着中心の新ブランド「アンダーソン アンダーソン(UNDERSON UNDERSON)」の1号店をニュウマン新宿店にオープンした。

 店舗(85平方メートル)は、ブランドのクリーンなイメージにマッチする白を基調とした内装。什器の装飾やフィッティングルームのカーテンなどにも和紙を使用することで世界観を表現した。アパレルはメンズ21型、ウィメンズ18型、ベビー6型をフルラインアップ。ボクサーショーツやブラトップ(各3000円前後)、Tシャツ(6000円前後)からスエット上下、布帛パジャマ、靴下、靴のインソールまで、触れる肌に心地よいアイテムがそろう。和紙100%のタオルや、和紙繊維の機能性を最大限に活かすシリコンフリーの洗剤・柔軟剤などのホームグッズも用意した。

 同ブランドは、吸水速乾や消臭といった和紙繊維の機能性を生かした商材を、高感度な大人の男女に向けて提案。長年和紙繊維の研究を続けてきたITOI生活文化研究所(大阪、糸井徹社長)と組み、ポリエステル糸に和紙糸を巻きつけることで「肌に触れる部分は99.9%が和紙」(近藤広幸マッシュHD社長)というテキスタイルを開発。高い伸縮性も兼ね備え、快適な着心地を実現した。染色においても、植物性色素のマイナスイオンで吸着させることで、繊細な色使いと環境への低負荷を両立させた。

 同ブランドは2020年中に2号店の出店を予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら