ファッション

「ラルフ ローレン」が21年春コレクション発表 ジャネール・モネイが熱いパフォーマンス

 「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」は3月26日に、2021年春コレクションを「ラルフ ローレン パープル レーベル(RALPH LAUREN PURPLE LABEL)」と共に“SEE NOW, BUY NOW”形式のデジタルショーで発表した。映像は、同ブランドの公式サイトやユーチューブチャンネルで公開中だ。

 デジタルショーは「オール オア ナッシング アット オール(All or Nothing at All)」と題したモノクロ映画のような世界観で、20分以上にわたる作品だ。19-20年秋冬のショーにも登場したシンガーのジャネール・モネイ(Janelle Monae)が、バンドと共にライブパフォーマンスを披露。歌い続けるうちにジャケットや靴を脱ぎ捨てていく様子は、19-20年秋冬のショーを想起させる。コレクションでは花やアニマル柄をプリントや刺しゅうを施したドレスやネイビーやクリーム、ブラウン、パウダーブルーのダブルプレストジャケットや、スパンコールをあしらったシングルジャケットなどを発表した。

 デザイナーのラルフ・ローレンは、コレクションについて「私のデザインは常に、タイムレスな洗練さとロマンスに彩られた世界を創造することを目指してきた。今回のコレクションはそれらの想いを織り合わせ、モダンで永続的なパーソナルスタイルを表現している」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら