ファッション

「ラルフ ローレン」が21年春コレクション発表 ジャネール・モネイが熱いパフォーマンス

 「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」は3月26日に、2021年春コレクションを「ラルフ ローレン パープル レーベル(RALPH LAUREN PURPLE LABEL)」と共に“SEE NOW, BUY NOW”形式のデジタルショーで発表した。映像は、同ブランドの公式サイトやユーチューブチャンネルで公開中だ。

 デジタルショーは「オール オア ナッシング アット オール(All or Nothing at All)」と題したモノクロ映画のような世界観で、20分以上にわたる作品だ。19-20年秋冬のショーにも登場したシンガーのジャネール・モネイ(Janelle Monae)が、バンドと共にライブパフォーマンスを披露。歌い続けるうちにジャケットや靴を脱ぎ捨てていく様子は、19-20年秋冬のショーを想起させる。コレクションでは花やアニマル柄をプリントや刺しゅうを施したドレスやネイビーやクリーム、ブラウン、パウダーブルーのダブルプレストジャケットや、スパンコールをあしらったシングルジャケットなどを発表した。

 デザイナーのラルフ・ローレンは、コレクションについて「私のデザインは常に、タイムレスな洗練さとロマンスに彩られた世界を創造することを目指してきた。今回のコレクションはそれらの想いを織り合わせ、モダンで永続的なパーソナルスタイルを表現している」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。