特集・連載

現代版「不思議の国のアリス」のような「マルニ」、ゴリラが登場した「ジョルジオ アルマーニ」 ミラノコレリポート第2弾

 2021-22年秋冬シーズンのミラノ・ファッション・ウイークが2月24日〜3月1日までオンライン上で開催されました。ここでは3〜5日目までに発表された中から厳選した5ブランドをご紹介。長年ウィメンズコレクションを取材する向千鶴「WWDジャパン」編集長と、大杉真心「WWDジャパン」記者が対談形式でリポートします。

現代版「不思議の国のアリス」のティーパーティーのような「マルニ」

大杉:「マルニ(MARNI)」は、ブレックファースト、ランチ、ディナーの3部構成でZoom上で発表するという新しい形式でした。招待状はクリエイティブ・ディレクターのフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)からのフレンドリーなメール。「ミラノのショーで会えないのは残念だけど、我が家の朝食に招待するね。自分の食べ物は持参してテーブルに集まって」というような内容で、メディアやバイヤーの業界関係者だけでなく、顧客にも送ったそうです。プレスの話によると、「フランチェスコからメールが来たんですが、これは間違いメールではないですか?」というような問い合わせが来たそう(笑)。

向:靴がスープに浸っている写真には正直ギョッとしました。夢と現実の狭間で食卓を囲む様子は現代版「不思議の国のアリス」のティーパーティーみたい。「マルニ」の根底には永遠の少年少女のファンタジーみたいな要素があって、フランチェスコは創業デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)からはそこを引き継いでいると思う。ただファンタジーの種類は変わったよね。フランチェスコは人間のきれいな部分だけでなく、もっと奥底の本音や素の部分をとらえてそれを楽しんじゃおうとしている感じ。だから引力と同時もエグさもある。私はどうしても前の「マルニ」が恋しいけど若い世代は違うのかな。

大杉:フランチェスコにオンラインインタビューをする機会があったのですが、撮影はフランチェスコの自宅で行ったそうです。このカオスな演出は「夢と現実の狭間」を表現したそう。「コロナ禍、政治、厳しい現状に向き合う中で、触覚的なロマンティシズムを探求した。ヒーリング(治癒)になるようなコレクションを作りたかった」とフランチェスコは話します。布団のようなジャケットやドレス、実験のように時間をかけたグラデーション染めのドレスが象徴的です。

向:発想がホント自由で大胆。彼が「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」をデザインしてもおもしろいかもね。

“自由”を服に込めた「エトロ」

大杉:「エトロ(ETRO)」はLAで収録した歌手のアリッサ(Arlissa)のパフォーマンスをBGMに、無観客ショーの映像を配信しました。美しい夜景を望むLAと、陽が差し込む明るいミラノをつなげた、オンラインでしかできない演出でした。

向:開放感あるルーフトップで体を揺らしながらジーンズとブラトップにガウンで踊って歌うアリッサの姿が幸福そうでよかったな~。これまでも「エトロ」から一貫して受け取ってきた“生きる喜び”を体現していたと思う。あんな風に夜空に下で「エトロ」を着て踊りたい!できれば酒を片手に。“自由”は今季のキーワードなんですよね?

大杉:はい、今季はロシアのバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフ(Rudolf Nureyev)とアメリカのギタリスト、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の精神やスタイルを着想源に、ブランドのDNAである“自由”を表現したそうです。ヌレエフといえば、1961年に自由を求めてソ連からフランスに亡命をしたことで有名。天才ダンサーで振付師としても活躍し、同性愛を公言していました。またヘンドリックスは同じく60年代にロックギターの基礎を築いたギタリストとして、レジェンド的な存在ですね。

向:この原稿は当時27歳のジミ・ヘンドリックスの「パープル・ヘイズ」をユーチューブで見ながら書いていますが彼が好んだサイケデリックなシャツやベルベットのパンツ、ナポレオンジャケットのエッセンスが反映されていますね。ニット帽の使い方や、編み込みでアレンジしたヘア、古着風のコーディネートなどが若々しいな。

大杉:あらゆる形で“自由”を服に込めていました。アイコニックなペイズリーとレオパードとミックス柄のコートや、肩パッドの入ったブロケードのテーラードスーツ。レギンスやフーディなど、スポーツウエアの要素も多く取り入れていました。終盤には、フリンジディテールが美しいベルベットのドレスなどが登場しました。

向:私はインスタのハイライトにまとまっているストリーズで見たのですが、ティザーから始まりバックステージでのヘアメイクやモデルの素顔、ショー本番、さらにキールックの静止画までを一気に見ることができてオススメです。

大杉:「エトロ」のTikTokアカウントもできていて、バックステージでモデルたちがダンスにチャレンジしていました!かわいくて、微笑ましい。イタリアの老舗ブランドが取り組むことで、新しい世代とのタッチポイントになりますね。

女性の多面性をとらえた「トッズ」

大杉:「トッズ(TOD’S)」は詩を読み上げるようなナレーションが入った素敵な映像でした。“IN A MOMENT”をテーマに女性の多面性を、さまざまなアングルからとらえています。ヴァルター・キアッポーニ(Walter Chiapponi)による3シーズン目のコレクションとなりましたが、どんどんヴァルターらしさが分かってきた気がします。バッグとシューズはシンプルでモダンなデザインですが、どこか印象に残るキャッチーさがあります。

向:その印象が映像と見事にリンクしていましたね。モデルは4人だけ、舞台は1つの建物。エフェクトなどは使用していませんが、アイコンとなる鍵穴風の構図を定期的に差し込みつつ、シーンがどんどん切り替わるから飽きさせません。その軽快さが今の「トッズ」のモダンさと合っていて好感度が高いです。ルックはしなやかなレザー使い、きれいな色使いが印象的で、押しつけがましくなく、着る人のスタイルを尊重する余白があります。

大杉:チャンキーヒールのローファーは、レモンイエローなどの鮮やかな色使いがとてもかわいいですね。前シーズンから継続のホーボーバッグ“オーボエ バッグ”は、スタイリッシュな見た目で仕事バッグにもなる容量があり、次なる「トッズ」のITバッグになる気がします。ブランドの“T”のマークも新たにアコニックに提案していて、アクセサリーのいたるところに見られます。

「オニツカタイガー」の初ミラノコレは次世代クリエイターとタッグ

大杉:「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」がミラノ・ファッション・ウイークに初参加しました。ミラノはデザインを手掛けるアンドレア・ポンピリオ(Andrea Pompilio)の拠点であり、20年12月にはミラノに旗艦店をオープンしたそうです。動画ではイタリアの女性ラッパー、M¥SS KETAや、ダンサーのガブリエーレ・エスポージト(Gabriele Esposito)が登場して、モデルと一緒にポーズをとっていましたね。M¥SS KETAのギラギラのシルバーのマスクに驚きましたが、彼女はコロナ以前からあのマスクとサングラスがトレードマークなんだそう。

向:「オニツカタイガー」のミラノデビューは現地で見て、その反響を取材したかったな。日本のブランドで海外でも成功している数少ない例ですからね。音楽もパフォーマーもミラノの次世代クリエイターたちが参加していて濃厚。日本やアメリカ、イギリスなどとは違うミラノ独特のストリートのムードが色濃く見えて面白かったです。ルネッサンス彫刻のような肉体美や絵画の中と交錯してゆく世界観もイタリアらしいですよね。

大杉:「オニツカタイガー」は今までも東京ファッション・ウイークに参加するなど、ファッションショー形式で発表を続けて、日本とイタリアのファッションを融合した新しいスポーツウエアやシューズを見せてきました。今季のデザインは冬のヒマラヤ山脈がそびえる雄大な自然、70年代のトレッキング・ハイキングブームから着想を得たそう。トレッキング風のショートブーツを、白や黒のシンプルな色合いでモダンに提案していましたね。

向:ウエアも鮮やかなナイロンジャケットなどスポーツウエアを軸にしつつメンズストライプのダブルのパンツスーツも登場するなどよく見ると幅が広い。いずれにしてもジェンダーレスで着方はその人次第、という提案が「オニツカタイガー」らしかったです。

ゴリラが意味する「ジョルジオ アルマーニ」のコミットメントとは?

向:ゴ、ゴリラがいたね。しかも大きかったね。

大杉:はい。「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の映像はゴリラのオブジェのドアップからスタートし、アルマーニさんとゴリラのツーショットで終わります(笑)。これは何か意味があるはずだ!と調べて見ると、アーティストのマルカントニオ(Marcantonio)が映画のセットとして作ったウリ(Uri)という名前のゴリラで、アルマーニさんが引き取り自宅のリビングにディスプレーしているものだとか。実はゴリラは絶滅危惧種に指定されているため、ブランドは2020年にはWWF(世界自然保護基金)に寄付をしたそう。アルマーニさんにとって、ウリは映画との結び付きと、環境と自然保護へのコミットメントを示すものになっているようです。

向:なるほど、深いですね。ショー終了後にモデルが集合してアルマーニさんと記念撮影を撮るシーンは恒例ですが、今回はそこにもウリがいてインパクト大でした。この“インパクト”はデジタルコレクションにおいて重要です。溢れる情報の中で、記憶に残る工夫は絶対に必要ですから。

大杉:今季のウィメンズは「夜行性(Nocturnal)」をテーマに、夜をイメージしたコレクションだったそうです。夜空のようなにキラキラ輝くクリスタルをあしらったベルベット、朝焼けのようなマーブルまで、さまざまな青や黒が登場します。メンズはまた別テーマを設けていて、「それぞれの道(Passage)」と題して、アルマーニさんが魅了されてきたという、スタイリングが持つ心理的な側面にフォーカスしたそうです。

向: “精密さ”はアルマーニの魅力のひとつですが、今回はそれよりもロマンチックであること、リラックスしていることが優先されているようです。特にウィメンズは全体的にリラックスしていてロマンチック。花をモチーフにした刺しゅうなど、ここにも自然を想起させる要素が散りばめられています。窮屈な思いをしている世界中の女性の気分を解きほぐすようなフルレングスのスカートやワイドパンツなどが印象的でした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら