ビジネス

英ECエイソスが「トップショップ」買収に意欲 ブーフーは百貨店デベナムズを獲得

 英アパレルECを運営するエイソス(ASOS)は、2020年11月に経営破綻した英アルカディア・グループ(ARCADIA GROUP以下、アルカディア)傘下の「トップショップ(TOPSHOP)」や「トップマン(TOPMAN)」など4ブランドの買収に向けて交渉中であることを明らかにした。

 同社は、「当社の顧客ベースと親和性の高い、強力なブランドを獲得する魅力的な機会だと考えている」とコメント。しかし他社も関心を示しているため、買収が成立するかどうかは未知数だとの見方を示した。

 ほかの買い手候補としては、20年に「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」や「フォーエバー21(FOREVER 21)」、米「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」を傘下に収めた米ブランドマネジメント会社のオーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP以下、ABG)、英スーパーマーケットチェーンのアズダ(ASDA)を買収した実業家のモーシン・イッサ(Mohsin Issa)とズーバー・イッサ(Zuber Issa)兄弟、中国のアパレルEC企業シェイン(SHEIN)、そして破綻した英百貨店デベナムズ(DEBENHAMS)を買収したばかりの英ECアパレル企業ブーフー(BOOHOO)などが有力視されている。

 英調査会社グローバルデータ(GLOBALDATA)のクロエ・コリンズ(Chloe Collins)=リテール部門シニア・リテール・アナリストは、「エイソスは『トップショップ』と客層が似ている上に、グローバルな事業展開をしている点が有利だ。中国企業のシェインは英国市場に慣れておらず、イッサ兄弟はアズダなどファミリー層がメインのブランドを得意としている。ブーフーはデベナムズを買収したばかりであることを考えると、エイソスとABGの一騎打ちになるのではないか」と分析した。

 エイソスは今回の買収が実現した場合には手元資金でまかなうとしており、業績が安定していることがうかがえる。実際、同社の20年9~12月期の売上高は前年同期比23.3%増の13億2580万ポンド(約1882億円)と好調だった。コロナ禍でオケージョン用のドレスなどの売り上げは減少したものの、アクティブユーザー数が110万増の2450万となったことによって全体としては増収となっている。

 アルカディアは英国内で400以上、海外で20以上の売り場を展開。従業員は全体で1万3000人ほど抱えている。同社は以前から経営破綻の危機に陥っており、19年6月には同社を所有する大富豪のフィリップ・グリーン(Philip Green)卿の妻が私財を投じて救済した。しかし年金も赤字となっており、およそ3億5000万ポンド(約497億円)の不足があると見られている。

 海外メディアの報道によれば、EC事業のみを展開しているエイソスは「トップショップ」などの実店舗には関心がなく、買収が成立した際には従業員の多くが失職する可能性が高いという。アルカディアが所有する不動産は別途売却されることになっており、今回の買収には含まれていない。

 ブーフーは1月25日、デベナムズを5500万ポンド(約78億円)で買収した。しかしこれはデベナムズのブランド、デベナムズが運営するブランド、ウェブサイトなどの事業資産が対象であり、やはり実店舗は含まれていない。従って在庫処理のために行われている閉店セールが終わり次第、全店が閉じられ、従業員のほとんどが解雇される。

 デベナムズはECへの参入が遅れたことなどが影響して業績が悪化し、19年4月に事実上の経営破綻に陥った。その後も店舗の営業を続け、債権者所有の新会社の下で再建を図っていたものの、20年4月に2回目の破綻となった。なおアルカディアは、デベナムズに「トップショップ」をはじめとする傘下ブランドを多数出店していた、最大のテナント会社だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら