ファッション

英「トップショップ」親会社はなぜ破綻した? オーナーの栄光と凋落

有料会員限定記事

 アパレルブランド「トップショップ(TOPSHOP)」「トップマン(TOPMAN)」などを擁する英アルカディア・グループ(ARCADIA GROUP以下、アルカディア)は、11月30日に破産を申請した。

 2015年には企業価値にして42億2000万ドル(約4388億円)と見積もられていた、英国を代表するアパレルグループの一つである同社はなぜ経営難に陥ったのだろうか。

 20世紀初頭に英国で創業された紳士服チェーンを前身とするアルカディアは、第2次世界大戦後に事業を拡大していき、1960年代後半にはウィメンズウエアの「トップショップ」を、70年にはメンズウエアの「トップマン」を設立。2002年に大富豪のフィリップ・グリーン(Philip Green)卿に8億5000万ポンド(約1173億円)で買収されてからは急激に業績を伸ばしていった。

 中でもトレンドを取り入れたデザイン性の高い服を手頃な価格で提供する「トップショップ」は人気を集め、03年からは新進デザイナーらとのコラボレーションを次々に行った。現在「ロエベ(LOEWE)」と自身のブランド「ジェイダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」を率いるジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)もそのうちの一人だ。

この続きを読むには…
残り3238⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら