ビューティ

「Nオーガニック」の基幹2製品が刷新 365日揺らがない肌を実現

 自然派ライフスタイルブランド「Nオーガニック(N ORGANIC)」は3月12日、基幹商品の化粧水と美容液の機能を向上させリニューアルする。2017年に誕生して以来、リニューアルは初めて。

 同ブランドはベーシックシリーズ、エイジングケアシリーズ、メイクアップシリーズで構成する。今回刷新するのはリピート率No.1のベーシックシリーズの「モイスチュア&バランシング ローション」「同セラム」。「主力販路のECサイトでは会員が100万人以上いる。彼らの声を汲み取り、365日安定してトラブルのない肌、健康的な肌をかなえるための処方にこだわった」と井上みなみシロク執行役員ブランドマネージャーは語る。

 健康で揺らぎにくい肌に整えるため、“肌幹スキンケア”として訴求。ローションには新たに肌荒れや赤みを抑えるアボカド&オリーブ油や、抗炎症効果が期待できるグリチルリチン酸2K、潤いを与えるグリセリルグルコシドを配合。1本でセラム、乳液、クリームの役割を果たすセラムには、バリア機能を整えるネムノ樹皮エキスや、大気汚染や花粉などから肌を守るポリグルタミン酸、オウゴン根エキスなどを加えた。

 同ブランドは、精油や植物由来の成分を中心に配合しながらも、肌に効果があるケミカル成分を加えたハイブリッドな製品を扱う。オーガニックコスメの入門編という位置づけで誕生して以来、売上高は右肩上がりで成長する。来年には生活雑貨などを扱う「Nオーガニック ホーム」の展開を予定している。