ビューティ

「Nオーガニック」がブランド初の直営店 環境に配慮した内装に

 自然派ライフスタイルブランド「Nオーガニック(N ORGANIC)」は6月11日、ブランド初となる直営店を東京・有楽町マルイにオープンする。3月にデビューしたエイジングケアシリーズ「Nオーガニック ヴィ(N ORGANIC VIE)」を含め全製品をそろえるとともに、暮らしを豊かにする気づきを伝えていく。

 同ブランドはサイバーエージェントの子会社、シロクが手掛け、“暮らしを豊かに”というコンセプトのもと、2017年8月に誕生。ナチュラル(肌に優しい植物由来の有用成分を使用)、ノーブル(厳選した精油をブレンドした心地よい香り)、ニュートラル(低刺激×高機能を目指した肌にとって最善を選択)を軸に商品を展開する。これまで公式通販サイトでのウェブ販売を中心に行って認知度を高めてきたが、「提供する商品数やシリーズも増えたこのタイミングで、お客さまとのOne to Oneのコミュニケーションの場をつくりたいと考えた」(井上みなみブランドマネジャー)ことから直営店を開設することを決めたという。

 店舗の売り場面積は6平方メートル。グレーと杢調を組み合わせた印象で、床や什器の一部には使用済み製品の容器をリサイクルした建材を採用した。同店は「カウンセリングを通してお客さまの肌状態を測定し、一人一人の専用カルテを作成して、自宅でも試してもらえるスキンケア方法を提案する。これらの情報は、公式サイトのマイページにログインすると自宅でも閲覧することができ、オフラインだけでなくオンラインでのサポートも行い、長期的にお客さまの肌に向き合っていく」。また、他ブランドを含む使用済みの化粧品容器を持参した人には、その場で使える500円オフクーポンをプレゼントするなど、環境に配慮した取り組みも実施する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら