ビューティ

「Nオーガニック」から派生した自然派メイクブランド誕生

 自然派ライフスタイルブランド「Nオーガニック(N ORGANIC)」から派生したメイクアップブランド「アンドウルフ(& WOLF)」が11月6日に誕生する。「Nオーガニック」のスキンケアで使用する美容成分や精油の香りを取り入れたファンデーションなど全4アイテム(1800~3800円)をそろえ、公式サイトや直営の有楽町マルイ店、そのほかバラエティーショップで展開する。

 「Nオーガニック」はサイバーエージェントの子会社、シロクが手掛けるスキンケアブランドで2017年8月に誕生し人気を集める。同ブランドで培ってきたスキンケア発想を活かし、“長時間付けていても心地良い”メイクアイテムを「アンドウルフ」で提案する。

 コンセプトは“素肌を思いやりながらメイクアップする”。「毎日忙しい女性たちに寄り添う“小さなお守りのような存在に”という思いを込めて開発した」(同社)。特徴は3つあり、一つ目が「Nオーガニック」に使用する美容成分をぜいたくに使用すること。二つ目がスキンケアで人気の香り、スウィートシトラスを全製品に採用。三つ目が、合成着色料や紫外線吸収剤、パラベン、アルコールなど7つの化学成分を不使用とすること。敏感肌や乾燥肌でも安心して使用できる仕様とした。

 ファンデーション「セラムリキッドファンデーション」はネムノキ樹皮エキスなどの整肌成分や保湿成分など全13種の美容成分を配合しながらも長時間ヨレずに素肌感をキープする。エアレス容器でファンデーションの酸化を防ぐ。高保湿チーク「シマーヌードイルミネーター」は、カミツレ花エキスやセージ葉エキスなどを配合。密着度の高い練りタイプで、チークとハイライト、リップと3役を果たす。そのほか、保湿と密着感をかなえるアイシャドウ「スリーサムデザイニングアイカラー」、マスクで乾燥しがちな唇を保湿成分でケアし、色見によって異なる質感でニュアンスな色味も一塗りでしっかり発色する口紅「トリートメントニュアンスルージュ」も扱う。

 環境に配慮した取り組みも行い、外装はサトウキビの残りかすを使用したバガス紙を採用している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら