ビューティ

ドイツ発のナチュラルコスメ「アンネマリー・ボーリンド」の独占輸入販売権を取得 ピー・エス・インターナショナルが展開

 「エティーク(ETHIQUE)」や「トリロジー(TRILOGY)」などのオーガニックブランドの輸入・販売を手掛けるピー・エス・インターナショナル(P.S. INTERNATIONAL)はドイツ発ナチュラルコスメブランド「アンネマリー・ボーリンド(ANNEMARIE BÖRLIND)」の独占輸入・販売権を取得した。

 同ブランドのLLシリーズは合成香料や合成着色料、パラベン、シリコン、鉱物油不使用で、ブランド独自の保湿成分「LLバイオコンプレックス」とオーガニック由来の整肌成分エキナセアエキスを配合し、メイクや毛穴汚れを洗い落としながら、潤う肌に整える“ジェントルクレンジングミルク”(150mL、4490円)や、美容液のような高保湿力が特徴の“ブロッサムデュージェル”(150mL、5490円)などをそろえる。

 また、ナチュロイヤルシリーズはアミノ酸とビタミンB群を含むホワイトトリュフ由来の保湿成分ツベルマグナツムエキスをはじめ、植物由来の成分を配合し、幅広い年齢の肌にアプローチするスキンケアラインで、“ナチュロイヤルセラム”(50mL、1万3980円)や“同アイケア”(15mL、1万1490円)、“同デイクリーム”(50mL1万5980円など紫外線や乾燥などから肌を保護しケアする製品をラインアップする。

 「アンネマリー・ボーリンド」は、“食べられない化粧品はつくらない”を理念に、1959年にアンネマリー・リンドナーがドイツの環境保護地区シュバルツバルト地方で創業した。リンドナーが若い頃に肌荒れに悩み、ハーブと植物療法で改善した経験から、厳選した自然由来の原料にこだわるほか、製造過程や労働条件が基準となるCSE認証も取得しており自然と人に優しいサステナブルな製品開発に取り組んでいる。これまで日本ではピリカインターナショナルジャパンが輸入販売しており、オーガニックを好む人から注目を集めていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら