ビューティ

シップス初のメンズスキンケアが誕生 男性の美容意識の高まりを受け

 シップスは2月10日、同社初のメンズスキンケアブランド「シップス グルーミング スタンダード(SHIPS GROOMING STANDARD)」をスタートする。“スタンダードの本質を肌に”をテーマに掲げ、泡洗顔料、ミスト化粧水、乳液、石けんの4アイテムをラインアップ。価格帯は1700〜1800円。約1週間分のトライアルセット(2700円)も用意する。同社が運営する公式ECサイトでは、1月15日から先行予約を受け付けている。

 同ブランドは20〜40代の男性の美容意識の高まりに着目し、2年半の開発期間を経て化粧品OEMのサティス製薬と共同開発した。天然成分をベースに共通成分として海洋深層水を配合。ベルガモットとラベンダーを基調に、グリーンアップルやスペラミントを加えたハーバル・シトラスの香りが特徴だ。パッケージは、シップスのブランドカラーであり、海を連想させるミッドナイトブルーを採用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら