ビューティ

ファレル・ウィリアムスがスキンケアブランド「ヒューマンレース」を立ち上げ

 音楽プロデューサーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が、自身のスキンケアブランド「ヒューマンレース(HUMAN RACE)」を立ち上げた。11月25日に公式サイトで発売予定だ。

 ファレルは肌が綺麗だと定評のある人物で、インターネット上では25歳の時と45歳の写真を見比べてほとんど変わっていないことが都市伝説的に語られたりもしている。彼が重きを置く3分間のスキンケアルーチンをベースに、皮膚科医であるエレナ・ジョーンズ(Elena Jones)博士と共に開発した。

 アイテムはパウダークレンザー(35ドル、約3600円)、角質や毛穴の汚れを取り除くピーリング美容液(46ドル、約4700円)、保湿クリーム(48ドル、約4900円)の3種類をそろえた。3点セット100ドル(約1万円)でも販売する。それぞれエメラルドグリーンの廃棄物を再利用したパッケージで包装し、容器は詰め替え可能だ。

 クレンザーは角質除去の効果を狙って、米粉とフルーツ酸(AHA)配合した。ピーリング美容液はハス酵素を原料とし、血色を良好する働きがあるとされる抗酸化ロータスとリンゴの抽出物を含む。保湿クリームにはスクワランなどを配合し、水分を閉じ込めて潤いを促進する。これらはすべてヨーロッパの化粧品規制が定める1300の禁止成分に準拠し、ビーガンで無香料だ。

 ファレルは、「肌の状態は日々のルーチンの積み重ねだと思う。そしてそれはスキンケアだけでなく、肌の健康に関することでもある。しかし男性として、私たちは肌をケアするよう育てられたり、アドバイスをされたりしたことはない。ただ起きて、出かける。私たちの顔は3分間の手入れに値するもの。顔を通して人とコミュニケーションを重ねるからね」と述べた。

 また自身のスキンケアルーチンに関して「いつも狂った男のように角質を除去している」と冗談を交えながら、「そうすることでより新鮮な肌の状態を保ち、皮膚の活性していない層を取り除くことができる。ナオミ・キャンベル(Naomi Cambell)にはずっと前に、毛穴を引き締めるために冷水で顔を洗うよう言われた」とコメントした。

 「ヒューマンレース」のコンセプトは「アディダス(ADIDAS)」とのコラボレーションから着想を得たという。ファレルは、「私たちが行ったキャンペーンはすべて、常に人類に関するものだった」と説明する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら