ファッション

アシックスがニューヨーク5番街の旗艦店を閉店

 アシックスが、米ニューヨークの旗艦店「アシックス フィフス アベニュー フラッグシップ(ASICS 5th Avenue Flagship)」を12月に閉店した。新型コロナウイルス感染症の収束が不透明な中、店舗営業の継続リスクなどを踏まえて決定した。これに伴い、2020年12月期に賃貸借契約解約損と減損損失を約23億円計上する見込み。今後、北米事業のさらなる収益改善を図る。

 同店は17年に米国初の旗艦店として、高級ショッピングエリアのニューヨーク5番街にオープン。「アシックス(ASICS)」と「アシックスタイガー(ASICS TIGER)」を扱い、ランニングからスポーツ、ライフスタイルまで幅広いカテゴリーをそろえていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら