ニュース

「アシックス」がニューヨーク5番街に米国初の旗艦店をオープン

 アシックスは12月14日、米国で初となる旗艦店をニューヨークの5番街にオープンした。店舗面積は698平方メートルで、米国では初めて「アシックス(ASICS)」と「アシックスタイガー(ASICS TIGER)」を同一店舗で取り扱う。ジーン・マッカーシー(Gene McCarthy)米アシックス社長兼最高経営責任者は「異なる2ブランドを同時にそろえることで、幅広い消費者のニーズに合わせて、日常のあらゆる場面で質の高いライフスタイルを実現するシューズやウエアを提案する」と話す。

 店内には、センサーでランニング時の姿勢や動作を分析して、ひとりひとりに合ったシューズを提案するサービス「アシックスモーションアイディ」を用意。“健全な身体に健全な精神があれかし”というコンセプト(同社の創業哲学)のもと、植物、天然木の什器、LED照明などを活用し、高機能商品と温かみのある空間が調和している。このコンセプトは、8月にオープンしたロンドン、10月にオープンした東京・原宿の旗艦店にも採用されている。同社はベルリンやパリにも直営店を出店するとともにEコマースも強化している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら