ファッション

アシックスが原宿旗艦店お披露目 土屋太鳳と陸上桐生が祝福

 アシックスは、国内最大の旗艦店「アシックス原宿フラッグシップ」を10月6日に開く。前日の5日にオープニングセレモニーを開催し、ブランドアンバサダーに就任した女優の土屋太鳳と、陸上100メートルで日本人初の9秒代を達成した桐生祥秀・選手が駆けつけた。

 店内は1フロアで、店舗面積は672平方メートル。ゆったりとした陳列で開放感を演出し、中央に設けたイベントスペースではランニングやヨガのイベントを開催する予定だ。「アシックス(ASICS)」をはじめ、傘下のライフスタイルブランド「アシックスタイガー(ASICS TIGER)」とアウトドアの「ホグロフス(HAGLOFS)」も並ぶ。既存店ではシューズが中心の商品構成だったが、スポーツアパレル「ジュウニ(JYUNI)」やランニング、トレーニングウエアなどを充実させ、半数以上をアパレルが占める。またウィメンズゾーンを手前に配置したり、体の姿勢や数値を計測する女性限定サービス“アシックス フィットネス ラボ”を世界で初めて導入したりと、女性客への訴求を強化する。将来的には年間売上高15億円を目指す。

 店舗限定で、原宿にちなんだ“原”や“HRJ”の文字を配したTシャツやグッズの他、スニーカーショップ「ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)」とコラボレーションしたランニングシューズ“ゲルケンウン シンカイ”(1万6000円)を先行販売する。

 「アシックス」のウエアをまとってセレモニーに登壇した土屋は「ウエアは動きやすくてデザインもかわいい。素敵なパートナーになってくれそう。女優は体で表現する仕事なので、併設している“アシックス フィットネス ラボ”で姿勢や歩き方を計測してみたい」と語り、桐生選手は「普段着られるアパレルがたくさんあるので、目的がなくても、店内を見て楽しみながら買い物がしたい」と話した。

 尾山基アシックス社長は「近くに『オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)』の店もあるので、これで原宿エリアに全てのアシックスブランドが集結した。スポーツ市場は路面店からECへと急激に変化している。ただし全てがバーチャルになる訳ではない。実際に店に足を運んで商品に触り、いろいろ計測してみてほしい。今月中にはニューヨークに出店し、パリもロケーションを探している。今後も影響力のある都市に出店していきたい」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら