ニュース

アシックスと「ヴィヴィアン・ウエストウッド」が異色のコラボ 全5型のスニーカーを発売

 アシックスと英国を代表するファッションブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」がコラボコレクションを発売する。「アシックス(ASICS)」「アシックスタイガー(ASICSTIGER)」のスニーカーをベースに、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の象徴的なデザインや柄を落とし込んだ全5型のシューズを製作。そのうちの2モデルを4月27日から「アシックス」原宿フラッグシップと「アシックスタイガー」公式オンラインストア、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」青山店や心斎橋店などで販売する。

 1つ目のモデルは「アシックス」の“ゲルマイ ニット エムティー(GEL-MAI KNIT MT)”をベースに、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」が1981年秋冬コレクションで発表したスクイグル柄を採用した。赤と白の配色とニット性のアッパー、アシンメトリーなレーシングが特徴で、スニーカーの内側にはORBロゴをプリント。価格は2万4000円。
 
 2つ目は「アシックス」が2018年に発売した“ゲルカヤノ 5 OG(GEL-KAYANO 5 OG)”で、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のスクイグル柄のオリジナル配色に着想を得たカラーで登場する。シュータンや履き口にスクイグル柄を用い、ヒール部分にはORBロゴを配した。価格は2万円。サイズは全モデルともに22.5~31.0cmを用意する。

 「ヴィヴィアン・ウエストウッド」クリエイティブ・ディレクターのアンドレアス・クロンターラー(Andreas Kronthaler)は「アシックスはとても優秀な“技術者”だ。私たちは彼らの機能性に寄り添ったデザインのスニーカーを愛しているため、今回のコラボレーションに惹かれた。『アシックス』の機能性と私たちの感性を融合させた」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら