ファッション

アシックスと「ヴィヴィアン・ウエストウッド」が異色のコラボ 全5型のスニーカーを発売

 アシックスと英国を代表するファッションブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」がコラボコレクションを発売する。「アシックス(ASICS)」「アシックスタイガー(ASICSTIGER)」のスニーカーをベースに、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の象徴的なデザインや柄を落とし込んだ全5型のシューズを製作。そのうちの2モデルを4月27日から「アシックス」原宿フラッグシップと「アシックスタイガー」公式オンラインストア、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」青山店や心斎橋店などで販売する。

 1つ目のモデルは「アシックス」の“ゲルマイ ニット エムティー(GEL-MAI KNIT MT)”をベースに、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」が1981年秋冬コレクションで発表したスクイグル柄を採用した。赤と白の配色とニット性のアッパー、アシンメトリーなレーシングが特徴で、スニーカーの内側にはORBロゴをプリント。価格は2万4000円。
 
 2つ目は「アシックス」が2018年に発売した“ゲルカヤノ 5 OG(GEL-KAYANO 5 OG)”で、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のスクイグル柄のオリジナル配色に着想を得たカラーで登場する。シュータンや履き口にスクイグル柄を用い、ヒール部分にはORBロゴを配した。価格は2万円。サイズは全モデルともに22.5~31.0cmを用意する。

 「ヴィヴィアン・ウエストウッド」クリエイティブ・ディレクターのアンドレアス・クロンターラー(Andreas Kronthaler)は「アシックスはとても優秀な“技術者”だ。私たちは彼らの機能性に寄り添ったデザインのスニーカーを愛しているため、今回のコラボレーションに惹かれた。『アシックス』の機能性と私たちの感性を融合させた」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら