ニュース

マルジェラ、自身の手によるアート作品を初公開 パリで展覧会を開催

 マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)は、自身の手による彫刻、写真、インスタレーションなどの展覧会「マルタン・マルジェラ」を開催する。同氏がアート作品を発表するのはこれが初となる。

 会場は仏百貨店を擁するグループ・ギャラリー・ラファイエット(GROUPE GALERIES LAFAYETTE)の芸術財団が運営する美術館ラファイエット・ アンティシパシオン(Lafayette Anticipations)で、会期は4月15日~7月25日の予定。

 同財団は、「マルタンは素晴らしいアーティストであり、その作品はアートの世界でも高く評価されている。彼は思慮深く控えめな人、見捨てられた物、忘れられた場所などを独自の視点で見つめ、そうした存在に新たな尊厳をもたらす。この展覧会はマルタンの芸術性に着目したものだ」とコメントした。

 ラファイエット・ アンティシパシオンは、19世紀の建物をオランダの建築家レム・コールハース(Rem Koolhaas)率いる設計事務所OMAがリノベーションしたもので、広さはおよそ2230平方メートル。今回展示される作品のほとんどは館内のワークショップで制作されており、マルジェラは展覧会の空間美術も手掛けている。作品は展覧会のオープンまで非公開だが、1月中にティザービジュアルを発表するという。

 マルジェラは1988年に自身のブランド「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA)」を設立。公の場に姿を見せることはほとんどなく、ミステリアスな存在として知られてきた。同ブランドは現在「メゾン マルジェラ」として伊OTBグループ(OTB GROUP)の傘下となっており、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)がクリエイティブ・ディレクターを務めている。なお、マルジェラ本人を題材にしたドキュメンタリー映画「マルタン・マルジェラ イン・ヒズ・オウン・ワーズ(原題:Martin Margiela in His Own Words)」が2019年11月に公開されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら