ビジネス

TSIホールディングスがグループ再編 子会社14社を統合

 TSIホールディングスは16日、グループ会社の再編を発表した。ファッション事業を展開する子会社のサンエー・インターナショナル、サンエー・ビーディー、ナノ・ユニバースなど14社を統合して新会社TSI(仮称)を発足させる。2021年3月1日、22年3月1日の2段階で統合を進める。純粋持ち株会社TSIホールディングスの傘下に事業子会社が連なる体制から、事業持ち株会社TSIによって組織をスリム化して効率を高める。

 21年3月1日付でサンエー・ビーディーを吸収合併存続会社として、サンエー・インターナショナル、TSIグルーヴアンドスポーツ、ナノ・ユニバース、アングローバル、ローズバッド、アイソラー、TSI・プロダクション・ネットワーク、TSI ECストラテジーを統合する。サンエー・ビーディーは商号をTSIに改める。

 22年3月1日付でTSIと上野商会、ジャック、アルページュ、スタージョイナス、アンドワンダーが吸収合併する。同時に、TSIホールディングスはTSIを吸収合併し、新会社TSI(仮称)で新しいスタートを切る。

 TSIホールディングスは同日、「トルネードマート(TORNADO MART)」などを運営する子会社スピックインターナショナルの全株式をシーズメン(東京、三河宏彰社長)に譲渡すると発表した。譲渡金額は非公開。スピックインターナショナルの20年2月期業績は、売上高29億円、営業損益が2億1600万円の赤字だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら