ビジネス

TSIホールディングスがグループ再編 子会社14社を統合

 TSIホールディングスは16日、グループ会社の再編を発表した。ファッション事業を展開する子会社のサンエー・インターナショナル、サンエー・ビーディー、ナノ・ユニバースなど14社を統合して新会社TSI(仮称)を発足させる。2021年3月1日、22年3月1日の2段階で統合を進める。純粋持ち株会社TSIホールディングスの傘下に事業子会社が連なる体制から、事業持ち株会社TSIによって組織をスリム化して効率を高める。

 21年3月1日付でサンエー・ビーディーを吸収合併存続会社として、サンエー・インターナショナル、TSIグルーヴアンドスポーツ、ナノ・ユニバース、アングローバル、ローズバッド、アイソラー、TSI・プロダクション・ネットワーク、TSI ECストラテジーを統合する。サンエー・ビーディーは商号をTSIに改める。

 22年3月1日付でTSIと上野商会、ジャック、アルページュ、スタージョイナス、アンドワンダーが吸収合併する。同時に、TSIホールディングスはTSIを吸収合併し、新会社TSI(仮称)で新しいスタートを切る。

 TSIホールディングスは同日、「トルネードマート(TORNADO MART)」などを運営する子会社スピックインターナショナルの全株式をシーズメン(東京、三河宏彰社長)に譲渡すると発表した。譲渡金額は非公開。スピックインターナショナルの20年2月期業績は、売上高29億円、営業損益が2億1600万円の赤字だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら