ファッション

「サルヴァトーレ フェラガモ」と「フォーナインズ」がメンズフレームを初コラボ 2021年1月に発売

 イタリアのファッションブランド「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」(以下、フェラガモ)は、アメリカ・ニューヨークのアイウエアメーカーのマーション アイウェア(MARCHON EYEWEAR)と日本のアイウエアブランド「フォーナインズ(999.9)」とのコラボレーションを発表した。

 メンズのフレームを2021年1月に、「フォーナインズ」ブティックと国内の一部の「フェラガモ」のアイウエアの取り扱い店舗で発売する。「フェラガモ」のアイウエアのコラボレーションは初めて。マーション アイウェアは、「フェラガモ」とアイウエアのライセンス契約を締結している。

 同コレクションは9種類あり、「フォーナインズ」が日本で生産する。デザインは、「フェラガモ」のアイコンである“ガンチーニ(GANCINI)”から着想を得た独自のヒンジ構造などが特徴だ。価格は4万5000~5万5000円。

 ミカエラ・ル・ディヴェレック・レミ(Micaela Le Divelec Lemmi)サルヴァトーレ フェラガモ S.p.A最高経営責任者(CEO)は、「『フォーナインズ』は海外でも知られたブランドであり、その名は品質、革新性、卓越性の代名詞でもある。それは『フェラガモ』が常にビジネスの基盤としている3つの原則でもある」とコメントした。

 飯村祐一フォーナインズ社長は「『フォーナインズ』は機能的で高品質なモノ作りにより最高純度の品質を追求している。これらが相乗効果を生み、機能、品質、デザイン全てがより高い次元へと昇華され、グローバルなフィールドで眼鏡の新たなる可能性を示すと確信している。今回のコラボレーションは、『フォーナインズ』にとって新たなステージへと上るまたとない機会であり、より高みへと至る足掛かりになる」と期待感を示した。「フォーナインズ」は1995年の創業で、東京・銀座や渋谷、シンガポールなどに直営店を構える。

 同商品は今後、海外でも販売される予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら