ファッション

米マ-ション・アイウェアのアジアトップに元サフィロジャパン社長

 アメリカの眼鏡企業マーション・アイウェア(MARCHON EYEWEAR)は、1月からアジア太平洋地域担当マネジング・ディレクターにマッテオ・ガエタ(Matteo Gaeta)氏を任命した。香港にあるマーション・アイウェアのAPAC地域本部を拠点に、日本をはじめ中国、香港、シンガポールの現地法人を含むアジア地域のビジネスのトップを務める。前任のコニー・ライ(Connie Lai)氏は退社した。

 ガエタ=マネジング・ディレクターは1971年、イタリア・モンツァ生まれ。シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスでMBAを、香港城市大学で経営学博士を取得。フィンランドの高級テーブルウエア企業フィスカース(FISKARS)でアジア地域のトップ、イタリアの大手眼鏡企業サフィロ(SAFILO)でアジアとオーストラリアのトップやサフィロジャパン社長も務めており、約18年間アジア地域のビジネスに携わっている。

 二コラ・ゾッタ(Nicola Zotta)=マーション・アイウェア社長兼最高経営責任者は、「眼鏡市場とアジア太平洋地域に関する豊富な知識を生かしてもらえることを期待している。当社の戦略的グローバル成長計画の重要な一部として、今後もさらに市場シェア、拠点、ブランドポートフォリオを拡大していく予定だ」とコメントした。

 ニューヨークに本社を置くマーション アイウェアはVSPグローバルの傘下で、「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「クロエ(CHLOE)」「エトロ(ETRO)」「ラコステ(LACOSTE)」「マルニ(MARNI)」「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」などの眼鏡ビジネスを手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。