ファッション

アイウエア企業、サフィロジャパンのショールームが銀座にオープン

 イタリアの大手アイウエアメーカー、サフィロの日本法人サフィロジャパンは、東京・銀座の本社のリニューアルに伴いショールームを新設した。サフィロが世界20都市以上に構えるショールーム同様、白を基調にしたモダンなイタリアンデザインをイメージしている。広さは約150平方メートルで、同社が手掛ける「ディオール(DIOR)」「フェンディ(FENDI)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」などのライセンスブランド、「ポラロイド(POLAROID)」「カレラ(CARRERA)」、新しく導入する「サフィロ(SAFILO)」などのハウスブランドの合わせて30以上がそろう。

 7月13日のレセプションパーティーで、3月の就任以来、初めて公の場に姿を見せた高原純サフィロジャパン社長は、「日本はアジアの中で売り上げ上位の重要市場だ。サフィロジャパンを成長の軌道に乗せることが私の使命。ショールームを拠点に取引先との関係を深め、持続的な成長につなげたい」と話した。高原社長は、元ケリング ジャパン アレキサンダー・マックイーン ディビジョン ジェネラルマネージャー。

 サフィロはイタリア本社もトップが交代し、4月1日付でユニリーバ出身のアンジェロ・トロッキア(Angelo Trocchia)最高経営責任者(CEO)が就任した。2017年12月期の売上高は前期比16.4%減の10億4700万ユーロ(約1371億円)。新勢力ケリング アイウエアとティリオスの影響で、ライセンスビジネスを軸とした事業の再構築に取り組んでおり、今後の巻き返しが注目される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。