ファッション

ティリオスが「ロエベ」アイウエアの初コレクション発売

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON 以下、LVMH)と伊大手アイウエアメーカー、マルコリンが合弁で昨年設立したアイウエアメーカー、ティリオスが「ロエベ(LOEWE)」のアイウエアコレクションを7月中旬に発売する。ティリオスの取り扱いは「セリーヌ(CELINE)」に次ぐ2ブランド目で、「ロエベ」のライセンスが伊アイウエアメーカー、デリーゴから同社に移って初のコレクションとなる。

 ゴーグルのような未来的フロントのサングラス、トップに三角形のレンズを入れたアビエイター、ステッチ入りレザーを前面に入れたサングラスは、どれもインパクトとオリジナリティーにあふれる。7月中旬から「ロエベ」のブティックなどで販売され、価格は4万4000~5万3000円。

 ティリオスは伊ベネチア近郊に最先端技術を導入した生産拠点マニュファトゥーラティリオスをオープンし、事業を本格化させている。今後も、現在他社が手掛けているLVMH傘下ブランドのアイウエア生産を順次移す計画だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。