ファッション

「サルヴァトーレ フェラガモ」が新アイコンバッグ発売 イーロン・マスクの母をモデルに起用

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は、新作バッグ“ボクシィズ(Boxyz)”を発売した。ブランドの「未来の定番」となるよう期待するモデルだ。ブランドが打ち出す“パッチワーク・オブ・キャラクターズ(さまざまな個性の包含)”の考えのもと、デジタルキャンペーンには、カリブ海に浮かぶケイマン諸島出身のモデル、アリーヤ・ハイデス(Aaliyah Hydes)、中国出身のリナ・チャン(Lina Zhang)、起業家イーロン・マスク(Elon Musk)の母親で71歳の現役モデル、メイ・マスク(Maye Musk)らを起用している。

 ワンハンドルのクラシックなデザインで、ハンドルや留め金、キーチャームにブランドのアイコンである“ガンチーニ”のモチーフをあしらった。3サイズがあり、素材はカーフ、ツイード、オーストリッチ、リザードなど。カラー展開も豊富だ。価格はカーフ素材のスモールサイズで21万円。

 クリエイティブ・ディレクターのポール・アンドリュー(Paul Andrew)は、「多くの女性たちにバッグに求める一番大切なことを尋ねたところ、いくつか共通点があった。プライバシー、利便性、丈夫さ、美しさ、大胆さだ。“ボクシィズ”は、そうした女性のニーズに全て答えられるようデザインした。フェラガモの遺産ともいうべき技巧を凝らして作り上げられており、持ち運べるプレシャスな空間ともいえる特別なバッグだ」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら