ビューティ

「バルクオム」がマツモトキヨシとココカラファイングループ1371店舗での展開を決定

 メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」は、ドラッグストアのマツモトキヨシグループとココカラファイングループの1371店舗で、10月15日から順次販売を開始する。

 「バルクオム」は2013年の事業開始以来、バラエティショップ、GMS、美容室を中心に取り扱い店舗を増やし、現在では累計1300以上の店舗で販売している。コロナ禍の4~6月においても、売り上げは前年同期比約90%増と好調を維持。5月に関東地区で放送したテレビCMにより認知が拡大したことや、巣ごもり需要拡大によりスキンケアを始める男性が増えたことが好調の理由と分析している。

 今回のドラッグストアへの展開の拡大は、さらなる販売強化策の一環だという。「ドラッグストアは、コスメ市場における最も大きい販売経路であり、マツモトキヨシグループとココカラファイングループは、ドラッグストアの中でも化粧品の売り上げ比率が高い傾向にある。そこでテレビCMによる認知拡大、コロナ禍における巣ごもり需要拡大という状況下で、お客さまにとってより身近な場所であるドラッグストアで『バルクオム』製品を購入できる環境を作ることで、新規購入およびリピート購入が増加するのではないかと考えた」とブランド担当者はコメントした。

 今後さまざまなマーケティング施策を実施し、マツモトキヨシグループとココカラファイングループで、年間2億5000万円の売り上げを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら