ビジネス

瀧定大阪が子会社スタイレムを吸収合併 2021年2月1日付でスタイレム瀧定大阪に商号変更

 繊維商社の瀧定大阪は、100%子会社のスタイレム(STYLEM)を2021年2月1日付で吸収合併すると発表した。経営資源の集約、事業運営および業務の効率化が目的という。これにともない瀧定大阪を存続会社としてスタイレムは解散し、商号はスタイレム瀧定大阪に変更する。「瀧定への150年超の長きにわたって培われてきた信頼と、近年業界に浸透させてきたスタイレムとを融合した名称とすることが最善と判断した」としている。

 瀧定大阪は13年にコーポレートブランドとして「スタイレム」を導入し、「スタイレム」ブランドを冠して世界でファッション素材や製品を提供するサプライヤー事業などを推進。15年に新グループ体制に移行し、会社分割により瀧定大阪の全事業を継承するかたちでスタイレムが始動したが、約5年での軌道修正となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら