ビジネス

瀧定大阪が子会社スタイレムを吸収合併 2021年2月1日付でスタイレム瀧定大阪に商号変更

 繊維商社の瀧定大阪は、100%子会社のスタイレム(STYLEM)を2021年2月1日付で吸収合併すると発表した。経営資源の集約、事業運営および業務の効率化が目的という。これにともない瀧定大阪を存続会社としてスタイレムは解散し、商号はスタイレム瀧定大阪に変更する。「瀧定への150年超の長きにわたって培われてきた信頼と、近年業界に浸透させてきたスタイレムとを融合した名称とすることが最善と判断した」としている。

 瀧定大阪は13年にコーポレートブランドとして「スタイレム」を導入し、「スタイレム」ブランドを冠して世界でファッション素材や製品を提供するサプライヤー事業などを推進。15年に新グループ体制に移行し、会社分割により瀧定大阪の全事業を継承するかたちでスタイレムが始動したが、約5年での軌道修正となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら