ビジネス

パルが瀧定大阪から「オリーブ・デ・オリーブ」を取得

 パルグループホールディングス(以下、パルグループHD)は11日、繊維商社の瀧定大阪の子会社であるオリーブ・デ・オリーブ(東京、熊澤隆・社長)の事業を譲受すると発表した。取得金額などは明らかにされていない。瀧定大阪は、今年に入ってからは「シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS)」「スタニングルアー(STUNNINGLURE)」を相次ぎ売却。ブランド事業の中でも最大の「オリーブ・デ・オリーブ(OLIVE DES OLIVE)」も身売り先を探していた。一方、パルグループHDはマスボリュームゾーンを強化する中長期戦略を掲げており、「オリーブ・デ・オリーブ」をその柱の一つと位置付ける。

 11日にパルグループHD大阪本社で行われた2017年3~8月期決算発表会で、井上英隆・会長は今回の譲受について「うちにしかできないこと」と話した。同社は16年にも遊心クリエイションの低価格雑貨店「アソコ(ASOKO)」を買収している。「オリーブ・デ・オリーブ」は17年1月期で45店舗を運営し、売上高は49億円。不採算・低収益店舗を整理するなどの立て直しを図ったうえで、将来の成長戦略を練るとみられる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら