ビジネス

瀧定大阪がシアタープロダクツを売却

 繊維商社の瀧定大阪は、子会社のシアタープロダクツを5月1日付で売却した。シアタープロダクツはMBO(マネジメント・バイ・アウト、経営陣による買収)で、瀧定大阪が保有していた全株式を買い取り独立する。社長はデザイナーの武内昭氏が務める。売却額などは非公表。

 シアタープロダクツは独立により「迅速な経営判断とよりよい商品とサービスの提供にまい進し、これまで以上にファッションの持つ空間的で劇場的な本質によって多くの人の生活に貢献できるよう尽力していく」とコメントしている。

 瀧定大阪は2013年8月にシアタープロダクツを買収。同年にはオリーブ・デ・オリーブや、リステアホールディングスの婦人服「スタニングルアー」などのM&Aを行ったが、「スタニングルアー(STUNNING LURE)」も今年3月にジャパン・イマジネーションに売却していた。瀧定大阪が4月28日に発表した17年1月期グループ連結決算では、営業損益は4億3400万円の赤字で、子会社のブランド事業から22億円の営業損失を計上、ブランド事業は不振が続いており、売上高の9割を占めるテキスタイル卸とアパレルOEMに経営資源を集中させる方針を明らかにしていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら