ファッション

ファッション合同展示会「マグ」がウェブ上で初開催 オンライン展示会サービス「グランストラ」を採用

 ファッションと雑貨の合同展示会「マグ(MAG.)」は、オンライン展示会サービス「グランストラ(GRANSTRA)」を採用したオンライン合同展示会「マグプラス(MAG.+)」を開催する。会期は2020年9月1日~21年2月28日の6カ月間。

 「マグ」は13年にスタートしたファッション、雑貨、インテリアの合同展示会で、東京、大阪、福岡で半年ごとに開催している。「グランストラ」はイーストフィールズが運営するバイヤーとブランドをつなぐプラットフォーム。出展ブランドはソーシャルメディアのように最新の情報を投稿することができ、バイヤーによる閲覧数やお気に入り数を確認することができる。またバイヤー側も、お気に入り機能やチャット機能で効率的にブランドの情報を得ることができる。オンライン展示会の出展料は15万円。

 「マグ」のリアル開催は、東京(スパイラルホール)が9月8~10日、大阪(パインブルックリン)が9月15、16日、福岡(レソラ天神ホール)が9月29、30日を予定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら