ファッション

「エジック」「スック」「クルン トウキョウ」などが初出店、ルミネ・20年秋のリニューアル

 ルミネは2020年秋のリニューアルを発表した。ルミネ各館と「ニュウマン」に合計110ショップが出店、あるいはリニューアルする。アダストリア傘下のエレメントルールが「エジック(EZICK)」「ル フォワイエ(LE FOYER)」「カレンソロジー(CURENSOLOGY)」の3ブランドを、コスメではカネボウ化粧品傘下のエキップが「スック(SUQQU)」「アスレティア(ATHLETIA)」「RMK」を、ルミネ新宿やニュウマンなどの主力店舗に出店する。

 「エジック」は、アダストリア傘下のエレメントルールが人気スタイリストの小山田早織をクリエイティブディレクターに迎え、2020年秋冬からスタートする新ブランド。第1号店を新宿ルミネ2の2階に9月3日にオープンする。ルミネエスト新宿のB2にオープンする「ル フォワイエ」も、エレメントルールのブランド。20年4月にスタートしており、リアル店舗は玉川高島屋S・Cに続き2店舗目になる。

 「アスレティア」は今年2月にスタートしたサステナブルなコスメブランドで、エキップの17年振りの新ブランドで、ルミネ有楽町に9月3日にオープンする(同店舗は21年1月31日までの期間限定店)。常設店は表参道の路面店と阪急うめだ本店、JR名古屋タカシマヤとなっており、ファッションビルへの出店は初めて。同じくこれまで百貨店をメーンに出店していたエキップのコスメブランド「スック」もファッションビル初出店で、百貨店に出店しているエリアを避け、9月15日にルミネ大宮にオープンする。同店舗は、メイクアップを中心に展開する。

 その他の注目ブランドとしては、オンライン専業のフラットシューズブランド「クルン トウキョウ(KURUN TOKYO)」が数カ月単位の期間限定のフィッティングサロン業態で出店する。フルラインを揃え、限定アイテムも用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら