ビジネス

青山商事グループの「ダブルティー」が原宿に期間限定店オープン 裏テーマはEC化率50%の実現

 青山商事のグループ会社WTWが運営するライフスタイルショップ、ダブルティー(WTW)の期間限定店「ダブルティーオモテサンドウ」が、8月1日に東急プラザ表参道原宿の地下にオープンした。

 特徴はeコマース事業を強みとする他社と連携し、リアル店舗とネットの融合を実現した体験型のショールーミング店舗としていることだ。同店にはダブルティーに加え、コードシェアが運営する通販サイト「フィフス(FIFTH)」と、資生堂グループのエテュセが展開する化粧品ブランド「エテュセ(ETTUSAIS)」がフィッティングルームとメイクブースを共同で設置しているほか、カラーコンタクトレンズブランド「ベルシーク(BELLSIQUE)」が自社通販サイトへの動線となる初の“カラコンショールーミングストア”を設けた。同店オープンの目的は、WTWのeコマース強化が目的だ。

 小嶋英幸WTW社長は、「新型コロナウイルスの影響もあり、eコマースの今年3~6月の売り上げは前年と比較して約3倍となった。現在のEC化率は約30%。この2~3年で50%にするのが目標だ。今回のプロジェクトで、出店していただいた各社のeコマースのノウハウを参考にしたい。新しいチャレンジをするためのテストマーケティングの店だ」と話した。

 WTWは、青山商事が2016年にフランフランから全株式を取得して完全子会社化したもの。ブランド名の由来は“Waiting for the wave(波待ち)”で、海でゆったりサーフィンの波待ちをしているときのようなリラックス感をイメージした、“アーバン、サーフ、ナチュラル”をコンセプトとする雑貨・インテリアを販売している。現在の店舗は、東京・南青山、二子玉川ライズSC、有明ガーデン、兵庫・神戸、大阪・南堀江、名古屋・ミッドランドスクエア3Fの6つ。ベツダイと提携してハウス事業を開始したほか、有明ガーデン店には実験的にカフェをオープンするなど、新規事業に挑戦している。ダブルティーオモテサンドウは青山商事が手掛けていた「アメリカンイーグル(AMERICAN EAGLE)」の店舗跡で、小嶋社長は同店オープン時の担当役員だった。ダブルティーオモテサンドウの営業期間は未定。WTWの売上高は非公表だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら