ファッション

梅雨にビジネスマンをお助け 高はっ水機能のセットアップを「洋服の青山」が発売

 青山商事は梅雨対策商品として、高はっ水生地「ミノテック(MINOTECH)」を使用したジャケットとパンツのセットアップを「洋服の青山」の都市部を中心とする主要150店舗とオンラインストアで販売中だ。

 このセットアップには、雨に対応するさまざまな機能がある。使用している生地「ミノテック」は、伝統的な雨具として知られる“蓑(みの)”からアイデアを得て繊維商社の帝人フロンティアが開発したはっ水生地で、表面に付いた水滴が流れ落ちやすい独自の織り構造と加工により高いはっ水性を発揮する。また、ジャケット内側の背中部にはフードが収納されており、急な雨でも簡単に取り出して着用することができ、腰ポケットには止水ファスナーを付けて防水性を高めた。さらに、ジャケットの袖口とパンツの裾口にはドローコードを取り付け、ひもを絞ることで雨水の侵入を防ぐ。自宅の洗濯機で丸洗いできるウオッシャブル仕様だ。同社が手掛ける「クリスチャン・オラーニ(CHRISTIAN ORANI)」ブランドによる展開で、ブラックとグレーの2色があり、価格はジャケットが1万3000円、パンツが5900円。販売数量は共に1300着。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら