ニュース

青山商事が同社史上最軽量のビジネススーツを販売 ジャケットとパンツの合計重量580グラム

 「洋服の青山」を運営する紳士服大手の青山商事は3月25日に、ジャケットとパンツの合計重量が580グラムと、同社史上最軽量となるビジネススーツ(1万9000円~)を全国の「洋服の青山」およびオンラインストアで発売する。

 生地には軽量素材を厳選して使用したほか、芯地、パッド、たれ綿といった副資材を使わず、裏地も約7割省くなどして徹底的に軽さを追求した。これにより、同社で取り扱う一般的な軽量スーツの重量である680グラムに対し約15%(100g)の軽量化に成功した。パターン設計も見直し、フォーマル感も備える。表地にはストレッチ素材を使用することで窮屈感が緩和され、実際の重量以上に軽やかな着心地を実現した。加えて、家庭での丸洗いも可能。速乾、防シワ機能も備え、コストパフォーマンスを重視するビジネスマンに向けた販売を強化していく。

 発売日同日から全国で放送を開始する新CMでは、軽量スーツを着用したビジネスマンたちがふわふわと浮遊しながら仕事する様子を描き、商品の軽さをユーモラスにアピールする。

最新号紹介