ファッション

「サステナブル・ファッション・サークル」がポップアップ開催 kurkku主導で「アンリアレイジ」、コムアイなどが参加

 レストランやフードストア、商業施設などを手掛けるkurkku(クルック)はこのほど伊藤忠商事と協業して、ファッションデザイナーやクリエイター、小売店が一丸となってサステナブルな価値観を広めるためのプロジェクト「サステナブル・ファッション・サークル」を発足させた。第1弾として、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」、イラストレーターのWALNUT、水曜日のカンパネラのコムアイ、森本千絵が率いるクリエイティブ集団goenらによるサステナブルな素材を用いたTシャツを、協力小売店の新宿伊勢丹本店、渋谷パルコ、ナノ・ユニバース(NANO・UNIVERSE)で発売する。

 Tシャツには、kurkkuのオーガニックコットン農法への移行サポートプロジェクト「プレオーガニックコットン」のもと、オーガニックコットンに認定される前に収穫された無農薬で育てられたコットンを使用した。Tシャツは各7920円(税込)。売り上げの5%をコロナ禍で経済的に苦しむひとり親家庭を支援する活動に寄付する。具体的な寄付先は後日ホームページで発表する。

 7月29日から三越伊勢丹と渋谷パルコのECサイトで先行予約の受け付けを開始した。8月5〜11日には伊勢丹新宿本店2階と渋谷パルコでポップアップストアを開き、8月14日からナノ・ユニバースの公式ECサイトで先行予約を受け付けて28日から店頭で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら