ファッション

「グラム」のチャリティーTシャツ 飲食店に無料納品、売り上げ7割を店舗に還元

 “グランジ フォー ラグジュアリー(Grunge for Luxary)”をコンセプトに掲げるファッションブランド「グラム(GLAMB)」は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて飲食店限定でチャリティーTシャツを販売するプロジェクト“#SAVE_RESTAURANTS_T-SHIRTS”を発表した。参加できるのは同ブランドの愛用者がいる飲食店。ブランド公式サイトでTシャツの取り扱いを申し込むと、飲食店に希望枚数が無料で納品され、それを販売する。売り上げのうち7割が飲食店に、3割がブランドに還元される。レストラン、カフェ、バーなど業態は問わない。

 Tシャツの販売価格は5000円。ユニセックスで着用可能なワンサイズ、カラーはホワイトの1色のみで提案する。

 新型コロナウイルスはさまざまな業界に影響を与えているが、最も打撃を受けた一つが飲食業界だ。「飲食業界で働く顧客も多い。その人たちと共にこの危機を乗り越えるためチャリティープロジェクトを考案した」と担当者。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら