ビジネス

ユニチカが医療用ガウン400万着を緊急生産 9月末までに関係省庁へ供給

 素材大手ユニチカのグループ会社であるユニチカトレーディングは、新型コロナウイルスの影響により医療現場で不足しているアイソレーションガウン400万着を9月末までに厚生労働省など関係省庁へ有償で供給する。アイソレーションガウンはメディカルガウンなどの手術衣とは異なり、病院内のさまざまな場面で使用される簡易予防衣。このガウンは、ユニチカトレーディングが防護服専門メーカーのエイブル山内と連携して感染防止素材の安定供給を図り、新陽、ミドリ安全、武蔵富装、メーカーズシャツ鎌倉、ユニチカメイトと協力して計21の国内工場と一部海外で生産される。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら