ニュース

帝人フロンティアが医療用ガウン生産へ 6月末までに900万着供給

 帝人フロンティアは経済産業省および厚生労働省と連携し、手術用などの医療用ガウンの生産・供給に向けて、国内・海外のグループ会社ともに取り組みを始めた。6月末までに、約900万着の医療用ガウンを供給する。7月以降はさらに1000万着の供給ができるように取り組むという。

 そのうち、月産5万着は100%子会社の帝人アパレル工業(福岡県大牟田市)で生産する。その他は、生地・縫製ともに国内外の自社グループ会社や協力工場を活用して対応する。

 加えて、使用条件について同意を得た上で、医療用ガウンの型紙を電子データの形でも提供する準備を行っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら