ビジネス

帝人フロンティアが医療用ガウン生産へ 6月末までに900万着供給

 帝人フロンティアは経済産業省および厚生労働省と連携し、手術用などの医療用ガウンの生産・供給に向けて、国内・海外のグループ会社ともに取り組みを始めた。6月末までに、約900万着の医療用ガウンを供給する。7月以降はさらに1000万着の供給ができるように取り組むという。

 そのうち、月産5万着は100%子会社の帝人アパレル工業(福岡県大牟田市)で生産する。その他は、生地・縫製ともに国内外の自社グループ会社や協力工場を活用して対応する。

 加えて、使用条件について同意を得た上で、医療用ガウンの型紙を電子データの形でも提供する準備を行っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら