ビジネス

東レがマスク用不織布を増産 月産2.6倍の8000万枚分を生産へ

 東レは、同社グループが有するグローバルな生産設備をフル活用し、日本国内向けにマスク用不織布の供給態勢を強化・拡充する。東レグループはこれまで、国内の大手マスクメーカーを中心にひと月あたりマスク約3000万枚分の不織布を供給していたが、5月からひと月あたりマスク約6000万枚分に拡大する。

 日本国内では、東レ滋賀事業場内にある不織布試験設備の量産対応化検討に着手しており、5月以降にひと月あたり最大でマスク約2000万枚分の国内供給態勢確立を計画している。加えて、医療用防護服についても国内外を含めた生産・供給態勢を早期に確立し、日本国内に供給していくことを検討中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら