ビジネス

東レがマスク用不織布を増産 月産2.6倍の8000万枚分を生産へ

 東レは、同社グループが有するグローバルな生産設備をフル活用し、日本国内向けにマスク用不織布の供給態勢を強化・拡充する。東レグループはこれまで、国内の大手マスクメーカーを中心にひと月あたりマスク約3000万枚分の不織布を供給していたが、5月からひと月あたりマスク約6000万枚分に拡大する。

 日本国内では、東レ滋賀事業場内にある不織布試験設備の量産対応化検討に着手しており、5月以降にひと月あたり最大でマスク約2000万枚分の国内供給態勢確立を計画している。加えて、医療用防護服についても国内外を含めた生産・供給態勢を早期に確立し、日本国内に供給していくことを検討中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら