ビジネス

東レがマスク用不織布を増産 月産2.6倍の8000万枚分を生産へ

 東レは、同社グループが有するグローバルな生産設備をフル活用し、日本国内向けにマスク用不織布の供給態勢を強化・拡充する。東レグループはこれまで、国内の大手マスクメーカーを中心にひと月あたりマスク約3000万枚分の不織布を供給していたが、5月からひと月あたりマスク約6000万枚分に拡大する。

 日本国内では、東レ滋賀事業場内にある不織布試験設備の量産対応化検討に着手しており、5月以降にひと月あたり最大でマスク約2000万枚分の国内供給態勢確立を計画している。加えて、医療用防護服についても国内外を含めた生産・供給態勢を早期に確立し、日本国内に供給していくことを検討中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら