ニュース

旭化成子会社が人工呼吸器を月産1万台へ 現在の25倍の製造台数

 旭化成は、子会社の米救急救命医療機器大手ゾール・メディカル(ZOLL MEDICAL CORPORATION、以下ゾール社)が人工呼吸器の製造を現在の約25倍に相当する月1万台に増やしたと発表した。

 ゾール社の人工呼吸器は高性能の内部フィルターシステムを有しており、適切な医療態勢の整っていない環境でも作業性が高く、医療従事者にとって使いやすい製品といわれている。

 旭化成は12年に株式公開買付けでゾール社を約22.1億ドル(約2430億円)で買収していた。