ニュース

繊維大手のユニチカが社長交代 上埜代取常務が昇格

 繊維大手のユニチカは27日、新社長に上埜修司・代表取締役常務執行役員(61)が昇格すると発表した。6月27日の株主総会を経て正式に就任する。注連(しめ)浩行社長(67)は代表取締役会長になる。ユニチカは2014年にメーンバンクによる金融支援を柱とした事業構造改革を進めている。すでに不採算事業のリストラは一段落しており、上埜新社長は今後、高収益事業の樹脂や産業繊維の拡大を担う。また社外取締役には退任予定の半林亨氏に代わり、太田道彦丸紅元副会長が就任予定だ。

 上埜新社長は大阪大学大学院工学研究科を終了後、1983年に同社に入社。研究開発部門や経営企画室畑を中心に実績を積んでおり、金属繊維事業にも関わった。2012年6月取締役執行役員、15年4月取締役常務執行役員、15年6月には現職の代表取締役常務執行役員に就いていた。