ニュース

ユニチカがコンペイトウ型繊維を開発 発色性をアップ

 素材大手ユニチカの繊維子会社、ユニチカトレーディングはコンペイトウ型の繊維断面を持つポリエステル糸「セシェ・シックス」を開発した。コンペイトウのような断面が、発色性を高め、リネンのようなドライなタッチを付与できるという。まずは2018年春夏の婦人服地で展開する。同社の森本惠治レディス営業部部長は「18年春夏はナチュラルな風合いにテクノロジーの要素をミックスし、フェミニンなイメージがポイントになる。植物のモチーフの柄を載せた、爽やかなプリント生地などでも展開したい」という。

 ユニチカトレーディングは、異なる原料をミックスすることで、糸を変形させる混繊技術を得意にしており、「セシェ・シックス」もそうした技術を活用している。2018年春夏向けには同様の技術を使い、三層構造にした防透けポリエステル「クールアート」、一本の糸の中に濃染と淡染を発生させる「ラインスターFE」も提案する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら