フォーカス

鈴木えみがブランドをスタート

 モデルの鈴木えみが2017-18年秋冬、ウィメンズブランド「ラウタシー(LAUTASHI)」をスタートする。モデルとしての18年間の経験をモノ作りに反映。デザイナーズブランドとして、アパレル企業との協業ではなく、自己資金でスタートする。

 ファーストコレクションは、肩のスリットを編み上げたウールワンピースをはじめ、猫やタイガーのイラストを入れたシャツやワンピース、フェイクレイヤードのMA-1などのラインアップ。価格帯はアウターが7万~10万円、ニットが2万5000~8万円、ドレスが3万5000~5万円、トップスが1万2000~9万円、ボトムスが2万5000~5万円など。取り扱いは卸とオンラインストアを予定する。

 これまでモデルだけでなく、自身が編集長を務めるメディア「シー(s’eee)」を発刊するなど、クリエイティブに活動を広げてきた彼女にブランドを立ち上げた経緯やこだわりなどを聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):ブランドをスタートしたきっかけは?

鈴木えみ(以下、鈴木):20代後半から少しづつ考えてきました。モデルとして18年間活動をして、服の素材感や着た時のシルエット、動いた時の表情など、多くの服を着てきた経験を生かしたいと思っていました。

WWD:ブランドのコンセプトは?

鈴木:“身につけることで背伸びをさせてくれるような”日常着を提案したいです。普段、私服を選ぶときは、トキメキを大切にしています。自己表現のツールになるような服が好きで、それぞれの服には人の気分や気持ちを変えるような力があると思っています。着る人が自分の新たな一面を見つけてもらえるような服にしていければうれしいです。